PHPの需要は高まる一方

PHPは主にWeb系開発に用いられる言語だ。そのため、インターネット社会が進んだ現代においては欠かせない技術と言えるだろう。

PHPはよくWebサイトの構築やWebアプリに用いられ、特にデータベース接続における利便性の高さからベンチャー系企業を中心に高い支持を得ている。
それに対し、業務用アプリケーションの開発言語には基本的にJavaや.NETが用いられ、このような現場におけるPHPの需要は少ない。そのため、PHPを身につけるとなると、客先常駐ではなく、ベンチャーをはじめとするWeb系の企業を目指すこととなるだろう。

Web系のベンチャー企業は年々増えているため、PHPの需要も年々増えていると言える。
ただ、このような企業が求めているのは企業にとって即戦力となることが出来る人材だ。また、PHPにおける開発環境はLAMP環境で行われることが多い。そのため、PHPエンジニアの需要は高いものの、プログラミングだけでなくOS、ネットワーク、データベースに関する知識も要求されるため、かなりの学習量が必要だ。

また、Web系の開発はPHPで行われるとは限らない。サーバーサイド言語にはPHP以外にもJavaやRuby、Pythonなどがあり、日本のWeb系開発の現場ではRubyの人気も高く、PHPのほかにRubyも習得しておくのがおすすめだ。
PHPはフレームワークが充実しているのも大きな特徴である。そのため、PHPのフレームワークも数種類使えるとかなり企業から重宝されるだろう。