プログラミング習得は年収アップにつながる

IT化が急速に進む中で、日本では圧倒的にIT人材が不足していると言われている。学校の授業でもプログラミングが必修化されるなど、人材の育成が急がれていることからもわかる。
また、プログラミングを学ぶときに必要となる論理的思考は、様々な企業が注目している能力でもあり、プログラミング習得は非常に将来性が高いと言えるだろう。

AI技術が進化し、労働市場にも参入がみられるようになった。単純な作業や機械ができる仕事はどんどん淘汰されることが予想される。この先、職を失ってしまう人も増えるかもしれない。
そのような中、AI技術を支えるプログラミング技術は将来性がある分野である。現在の仕事が直接ITと関係がないような医療や介護関係でもプログラミングを習得することで年収アップが期待できる。AIが導入される業界はITだけでなく医療や介護など幅広い分野に広がっているからだ。

特に、プログラムの開発ができるエンジニアは将来的にかなり需要が高まるだろう。新しい技術がどんどん求められるようになる社会が予想されるからだ。
また、AIによって多くの仕事が淘汰されるが、AIを統制し管理する仕事は必ず必要になる。
現在の仕事が、プログラミングとは無関係であれば、自宅でプログラミングを学びながら技術を習得する方法も1つである。
※プログラミング学習法やコツについてまとめられているサイト:http://highincome-programming.com/

習得後は、副業としてプログラミングの仕事をすることも可能である。副業として経験を積みながら、いずれ独立したりプログラマーとして転職したりすることで、年収アップが期待できる。